FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国報道:WBC-中国が2対5で日本に敗北。20歳の先発投手が素晴らしい出来

WBC始まりました。
しょっぱなからヒヤヒヤもんでしたが、最後にはどうかしてしまうところが日本野球の層の厚さというか、歴史の重みの現れなんでしょうね。
もう最初から井端出しとけよなんてつい思ってしまいますが、代打だからこそ生きるというのもあるかもしれません。
若手選手が代打で出ても、効果的な役割を果たせられるかどうか。
ベテランだからこそ、井端だからこそ、ああいう場面で切り札として使えるという面もあるのではないでしょうか。
まあ、とはいえレギュラーとして出ても何の不満はありませんが。
というわけで今回はWBCに関連する話題をピックアップ。
中国ではほとんど野球のニュースは伝えられませんが、国際大会となるとほんの少しだけ報道されることもあります。
今回は一つだけ見つけたのでそちらをご紹介。







・WBC-中国が2対5で日本に敗北。20歳の先発投手が素晴らしい出来
2013年03月03日22:32
//sports.sina.com.cn/o/2013-03-03/22326446790.shtml

【70%OFF】WBC ワールドベースボール クラシック 2009 優勝チーム 『侍ジャパン』日本代表 ロッカールームTシャツ Mサイズ


 3月3日、日本福岡のヤフー球場で行われた2013WBC棒球经典赛(註:World Baseball Classic)の試合において、中国代表は2比5(註:2対5)でWBC经典赛の二度の冠军(註:チャンピオン、優勝者)の日本代表に負け、初黒星となった。先发(註:先発)としてかなりよいピッチングを見せた中国の20歳投手(註:投手)罗夏が敗戦投手となり、日本の投手前田健太が勝ちを得た。試合を通じて中国代表は3安打しか打てず、2個の失误(註:エラー)を出し、攻撃にも力がなかった。しかし日本代表もわずか6安打で、暴投(註:暴投)による失误も出した。


・中国の2名の外援とメジャーリーグのコーチ陣

 WBC棒球经典赛は目下、世界最高レベルの野球の国際大会であり、奥运会(註:オリンピック)の野球と異なるのは、WBCに参加するチームはそれぞれの国を主体としながらも、その国の国籍を有していない外援(註:外国人助っ人)をチームに入れられるところであり、その外援の上の三世代にその国の国籍者がいれば可能である。このやり方は多くの国が現在世界最高レベルのアメリカ大联盟(註:メジャーリーグ)または日本の职业队(註:プロチーム)から外援を求められるようにしており、それにより中国という野球があまり普及していない国の実力を上げさせている。

 前回大会で中国代表が中华台北(註:チャイニーズ台北)代表に勝利した際、守備や攻撃で大きな助けとなった张宝树はアメリカ生まれの华裔(註:中国系)であり、彼の父親は香港人、母親は上海人で、小さい頃は堪萨斯(註:カンザス州)で育った。現在はアメリカ大联盟明尼斯达双城队(註:ミネソタツインズ)3Aの契約選手で、まだ大联盟に入ることはできていないが、彼の実力レベルは既に中国代表選手を大きく超えており、とりわけ游击(註:ショート)における守備は感嘆せざるを得ない。

 今大会、张宝树は引き続き中国代表に参加し、4棒(註:4番。発音的にはほぼ同じ)游击を任されている。このほか中国代表はさらにアメリカ大联盟で71勝している堪萨斯市皇家队(註:カンザスシティ・ロイヤルズ)の投手ブルース-チェン(陈用彩)を引き入れ、それをもって中国代表のこれまでずっと非難されてきた投手の実力を上げることずっと希望している。

 陈用彩の父親は巴拿马(註:パナマ)の華人で、彼はかつて巴拿马代表に参加し、これまでの二大会に出場したことがあり、今回巴拿马经典赛に参加できなくなって以降、彼は一度、中国代表と接近し、外電も彼はまもなく中国代表として经典赛に参加すると報道していた。しかし陈用彩が中国祖籍の証明書類を提出することができず、最終的には申請に失敗した。

 今回、中国代表は张宝树のほかに、中日混血の冈村秀がおり、彼は日本の野球の名門青森山田高校を卒業し、去年は中国の江蘇省のチームの練習に参加している。

 2名の外援のほか、中国代表はこのたび更に完全に大联盟レベルのコーチ陣を招きチームと帯同させており、監督の约翰-洛维尔 迈克拉瑞(註:John Lowell McLaren)は以前华盛顿国民队(註:ワシントン・ナショナルズ)の監督だった(註:実際にはベンチコーチで、一時的に3試合監督としてしただけ)。投手コーチの霍斯特(註:Bruce Vee Hurst)はかつて波士顿红袜(ボストン・レッドソックス)で活躍し、霍维(註:Arthur Henry Howe Jr.)纽约大都会(註:ニューヨーク・メッツ)の監督で、鲍勃(註:Bob Buskett)はMLB中国エリア発展センターの投手コーチで、みな大联盟で指揮を務めた経験を有している。

  
・罗夏の好投で中国は1点のみのビハインド

 試合は日本時間19時、北京時間18時に始まり、18000名以上の観客が試合を観戦した。その試合までに、日本代表はブラジル代表に勝利を収めており、グループをリードしていた。

 中国代表は若手投手罗夏を先発に起用し、日本代表はプロチーム広島の24歳の投手前田健太が先発で、中国代表が先攻

 前田健太は日本国内での実力は素晴らしく、2010シーズンは最優秀投手と沢村賞を手にしている。前シーズンは29試合の出場で14勝7敗、防御率は1.53で最優秀防御率となり、世界二大プロリーグの日本でこのような成績を収めているということはつまり日本プロ野球を代表する投手ということである。

 1回(註:表)、中国の首发(註:先発、レギュラー)3選手のうち崔晓は三振に倒れ、杨燕勇は二塁から一塁に戻る際に封殺され、李磊はレフトフライで3者凡退。

 1回(註:裏)、中国代表に好守備が飛び出す。罗夏がまず日本の首棒(註:トップバッター)読売巨人の坂本勇人を三振に取り、アメリカ大联盟で7年プレーした松井稼頭央は内野ゴロ。3棒の地元福岡の软银队(註:ソフトバンク)の内川聖一はヒットで出塁したが、その後の盗塁で、中国捕手王伟游击张宝树の非常にきれいな守備によりアウトとなった。

 2回、中国四棒张宝树が3振に終わり、褚夫佳王伟も出塁できず。

 2回、日本巨人のスター阿部慎之助はショートゴロ。しかしその次に出てきた奥力克斯(註:オリックス)の選手系井嘉男はボールをよく見極め4球で出塁。彼はすぐさま盗塁を試み、捕手王伟の传球(註:送球)はやや高く、二塁でアウトにすることはできなかった。続いて北海道火腿(註:北海道日本ハム)の外野手中田翔がレフト三塁方向に安打を放ち、系井がホームイン、日本代表が10で先行した。

 3回、中国代表の贾昱冰は三振、陆振洪は4球を選び初めて出塁、その後、彼も盗塁し、日本の捕手阿部の送球は二塁の松井稼頭央の頭上を超え、陆振洪の盗塁を成功させた。惜しいのは続く安旭が三振となり、崔晓もピッチャーゴロで助けることができず、残垒となり攻守交替となった。

 3回罗夏は松井稼頭央を三振に取り、变化球で日本の四棒選手をアウトにして、日本代表の更なる攻撃を抑えた。

 4回杨燕勇は内野へのバウンドゴロでピッチャーに取られ一塁でアウト。李磊は中国最初の安打を放つ。彼はボールをセンターに運び、二塁へ進んだ。これは中国代表の今日初めての安打でもあった。张宝树は三塁方向に打球を放つが、日本選手に一塁へ送られアウト。しかし二塁の李磊も三塁に進んだ。しかし続く褚夫佳が三振アウトで、中国代表は二度目の残垒

 4回、系井はセンターへフライを打ち、中国代表の崔晓が快足を飛ばしてボールをキャッチしようとしたが、ボールは手套(註:グラブ)を弾き落下。しかし崔晓は反応素早くボールを拾いあげ二塁に送り、系井は二塁に滑り込む前に守備の张宝树によって阻まれアウトとなった。この守備は素晴らしかった。

 読売巨人の中外野(註:中堅、センター)長野久義は2塁からの返球でアウトになり、その前にレフトヒットの中田翔はまた罗夏に対してレフトヒットを打ち出塁。この時点で中国先発投手の罗夏の球数が65球に達し、WBCの規定により交替せざるをえなかった。

 試合の展開から見て、日本の超一流プロ選手からなるWBCチーム(このチームの実力は北京オリンピックの日本代表と比べて天差地别(註:天地ほどの差がある))に対してまだ20歳の罗夏の投球は3回3分の2で、被安打4、奪三振2で、失点わずか1。かなりよい成績だった。

 
・中継ぎの朱大卫が相手に捉えられる

 その後、中国代表はかつて日本のプロチーム西武雄狮队(註:西武ライオンズ)に入団経験のある朱大卫中继(註:中継ぎ)投手を任された。朱大卫は小学5年生のときに母と一緒に日本へ行き、2006年に高校生选秀(註:ドラフト)第三位として日本のプロチーム西武雄狮に入団した。背番号62を身に付け、前大会彼は中国を代表して出場した。しかし朱大卫は日本でのキャリアアップにおいて挫折も経験しており、2011年10月彼は西武での5年間で一度も試合に出場できず、戦力外を宣告され、12月2日にフリーとなった。2012年朱大卫は上海に戻り、上海金鹰に入団。しかし2012年の中国野球リーグは経費不足により行うことができず、そのため朱大卫は上海とのチーム練習で状態を保つほかなかった。

 前大会、朱大卫の投球は幼い頃から日本で鍛錬していたことで、多くの人から日本と対戦するとき変化球を見破られやすいと思われ、そのため韓国戦で出場するのみだった。この度の出場は彼が中国代表に入ってから、初となる日本との対戦となった。

 朱大卫は4回、この回最後の打者稲葉篤紀を打ち取り、中日はまた攻守交替となった。

 5回、日本の先発投手前田健太は依然として威风不减(註:威風衰えず)王伟は三振に終わり、贾昱冰陆振洪も早々に倒れ、この時点で彼の投球はようやく56球。2度日本最優秀投手に選ばれた名に恥じぬピッチングだった。

 5回朱大卫一棒松田に3塁方向に打たれ、中国代表のサードの送球は精確でなく内野安打となった。そして坂本勇人は送棒(註:送りバント)で犠牲となり、松田を二塁に進めた。

 その内野安打が朱大卫をイラつかせたのかもしれないが、彼はその後、制球を乱し始めた。まず自らの落地球(註:バウンド球)で暴投となり、松田を三塁に進ませた。そして老油条(註:玄人。老獪な人)松井稼頭央はもとから朱大卫の変化球をうとうとせず、4球を選び出塁。続く日本の太平洋联盟(註:パ・リーグ)中央联盟(註:セ・リーグ)で首位打者の称号を得たことのある内川聖一が右方向に安打を放ち、日本代表の松田がホームイン。日本代表が20でリード。

 引き続き日本の強打者四棒阿部慎之助を迎えたが、朱大卫はまた四球を与え、日本が満塁となった。

  
・陈坤はなすすべなく3失点

 朱大卫が相手に対抗できず、また満塁となったことを見て、中国代表は投手を換えるしかなく、中国代表は三朝元老(註:三代に渡って仕える老臣。ベテラン)陈坤が登板することとなった。

 残念だったことは、陈坤が対するのが今日の前2打席で1四球1安打の系井嘉男であったことで、初級をセンターフェンス直撃の2塁打にされ、日本の塁上の跑垒员(註:走者)は一掃となり、3点が追加された。

 また四球を与えた後、中国代表に再び暴投エラーが飛び出し、系井は3塁へ。運良くその後はライトフライとセカンドゴロで悪夢のような5回裏を終えた。日本代表はこの回4得点、5比0でリード。

  
・18歳の小将杨海凡の戦い

 6回、読売巨人の投手内海哲也が前田健太に替わり登板。中国代表は引き続きバットが響かず、3上3下(註:三者凡退)、一人は三振だった。

 6回、中国は再びわずか18歳の投手杨海帆を投入。6回裏チームメイトのサードがエラー、また相手に四球を与えるという情况の中、杨海帆は日本代表の後続2打者、3棒内川と4棒阿部慎之助を打ち取り、6回をしめた。

 7、8回は、中日両国とも一回ごとの投手戦でリレー。中国は李帅吕建刚に替え、李帅低姿态横投(註:アンダースロー)(俗に言う潜水艇(註:サブマリン))で2打者を三振。自身の7回を守りきった。そして前大会にも出場した中国の功臣老将である吕建刚も8回裏は松田を三振にとり、日本代表を3上3下とした。

 比べて、日本読売巨人の2011年新人王で88年生まれの澤村拓一は8回、中国の王伟贾昱冰陆振洪に対して連続3三振を奪い、日本野球の層の厚さを感嘆せざるを得なかった。

  
・中国最後の攻撃で2得点

 最後の9回、日本は読売巨人の中継ぎ投手山口鉄也に终结者(註:クローザー)を任せた。

 中国は代打孟伟强を送り、彼は山口の内角低位(註:内閣低め)を捉え、安打として出塁。その後、崔晓は山口が投げた正中(註:ど真ん中)を外野まで運び、1、2塁間を抜く安打とした。中国代表は前所未有(註:これまでにない)无人出局(註:ノーアウト)1、2塁というチャンスを得た。

 監督の约翰は再び交替の指示を出し、贾德龙を代打として送るが、残念なことに贾德龙は三振アウト。

 しかしその後、読売巨人の山口鉄也は西武雄狮の捕手である炭谷銀仁朗との間で二度の暴投を出し、中国の跑垒员が進塁し2、3塁に。そしてホームインにも成功し、まずは1点、15として、1アウト1、3塁となった。

 四棒张宝树に打順が回り、彼は内野犠打を放ち、3塁走者はホームイン。中国代表は25とさらに1点追加した。

 しかし追撃もここまで。约翰がこの回最後に送った代打董伟は三振に倒れ、結局中国代表は25で日本に負けた。

  
・三度目の日本戦での収穫

 これは中日両国のWBC经典赛における三度目の対戦だった。2006年、中国代表は218で惨敗し、日本との対戦はコールド負けとなった。当時の試合で日本が打ったヒットは15、中国は4つのエラーを出したが、王伟が日本の投手上原浩治からWBC史上初となる本垒打を放ち、歴史にその名を刻んだ。

 2009年の经典赛、中国代表は04で日本代表に負けたが、試合後に国際野球界から賞賛を受けた。理由は簡単で、中日間の野球の差は非常に大きく、日本代表はこれまで二度行われたWBC经典赛の二度優勝チームだからである。世界プロ野球界においてその国内プロ野球の実力はアメリカ大联盟に次ぐものである。日本選手の価値は中国代表選手と比べられるものではなく、日本の先発投手の給料は中国の全選手の收入を合わせてももっと高いものだ。

 日本の野球選手の一年の試合数は135試合を超えるが、中国野球はリーグがピークの時で出場が最多の選手でも一年で35試合しかなく、去年は経費問題のためリーグを行えなかった。この度の经典赛の試合前の热身(註:ウォーミングアップ)時、中国代表選手は室内球場に慣れていないため高いフライに対する判断を誤りがちで、なんども低レベルな落球をしていた。両チームの試合差は中国サッカー代表とブラジルやスペインよりも遥かに大きいものだった。


 今日の中国代表のパフォーマンスを総合的に見て、投手陣はまだ満足できるもので、罗夏が日本に対し4回近く投げわずか1失点だったのは良かったが、残念なことに朱大卫の中継ぎが乱れ、抑えることができなかった。しかし中国の全被安打数は6で、2006年の15および2009年の5と比べても、防御力は上昇傾向にある。

 惜しいのは打撃面で、中国代表は3安打しかできず、これは三度の经典赛で日本の投手に対する最少安打であり、残念だったと言わざるを得ない。しかし国内で生き残ることが問題となっている中国野球にとっては、彼らが经典赛に参加する目標はずばりブラジルとの試合で一勝を得ることである。そうすれば次の大会は予選免除となり、直接正赛(註:本戦)へと進め、日本のスターチームと試合ができ、より多くのことを学べるのだ。




以下、この記事に対する反応。



bobvictor[日本东京]
1
手机用户[广东深圳]
日本が中国をやっつけた、おめでとう。
支持(0)


そんなことを言うとは中国人じゃないな
支持(0)

bobvictor[日本东京]
1
逆妳妹[台湾]
家に帰れるね
支持(0)


大陸の野球発展度合いは台湾よりもずっと悪い。でも少なくとも私たちは次回直接本戦に出られる
支持(0)

bobvictor[日本东京]
正直なところを言うと、昨日の中国代表はよくやってたよ。この試合結果は私のような日本にいる中国人に誇りを感じさせるものだった。中国では野球というものは誰も注目しないし、特にオリンピック競技から除外され(中国においてこれは致命的打撃)、WBCの大会ごとに中国代表の進歩を見ることが出来て、彼らの執念にとても感心してるよ。中国野球チームの一人一人がみな彼らが従事しているスポーツ(どっかの11人でやる球技のように、給料が一年ごとに高く、能力は一年ごとにひどく、中国人の顔をつぶすことがないような)を深く愛していると信じている。
支持(1)

手机用户[天津]
よかったよ。。もし朱大卫のあの悲劇がなかったら。。もっと点差は少なかったはず
支持(0)

泰山是橙色的[上海]
よくやったよ!野球は日本で第一のスポーツだけど、中国では多くの人が压根(註:全く)野球というものを知らない!今後機会があれば台湾とやってほしいね!
支持(0)








中国の人気スポーツといえば、バスケとサッカー。
ほかに身近なスポーツとして卓球やバドミントンなどがありますが、野球はほぼ見かけません。
北京留学時、珍しく野球の練習をしている人たちを見かけたので近寄ってみると、韓国人の集まりでした。
韓国では近年、野球人気が高まっているようですね。
日本に留学しに来た韓国人留学生も、サッカーより野球が好きな人が増えていると言っていたのでどうやら本当のことのようです。
今後、もっと日本人メジャーリーガーやほかのアジア人メジャーリーガーが活躍すれば、中国人でも活躍できるスポーツとして奨励されるようになるかもしれません。
ただやはり一番のネックは道具にかかる費用でしょうね。
とにかく金がかかるスポーツなので、まだまだ貧しい地域が多い中国ではまだまだ普及に時間がかかりそうです。
それに野球をする場所もほぼ皆無ですし。
まずは野球をする以前の問題を解決していかないことには普及は難しいことでしょう。
この点に関してはメジャーリーグがいろいろと関与していくとは思いますが。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村

(マジェスティック)Majestic N&N T MM08-JPN #17(マジェスティック)Majestic N&N T MM08-JPN #17
(2013/02/28)
Majestic(マジェスティック)

商品詳細を見る


WBC戦記―日本野球、連覇への軌跡 (文春文庫)WBC戦記―日本野球、連覇への軌跡 (文春文庫)
(2010/04/09)
スポーツグラフィックナンバー

商品詳細を見る


侍☆ジャパン侍☆ジャパン
(2009/05/20)
オムニバス、美空ひばり 他

商品詳細を見る

banner.gif


アフィリエイト・SEO対策




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

miu

Author:miu
ご意見、ご感想、ご要望をお持ちしております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
あなたのクリックが私の血肉に↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
月別アーカイブ
これまでのお客様
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
421位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外
36位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
Amazon人気書籍
Twitter
FCライブ
Amazon特別プロモ
漫画、アニメのニューリリース
調味料のベストセラー
台所家電のニューリリース
フィットネスのニューリリース
サッカーのニューリリース
電子辞書
ちょっとした中国語学習に
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。