FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国報道:和田ハイジャック事件詳細。暴徒が飛行機を爆破しようとし、ウイグル族の警官が叫び声を聞き取る

いやあ、昨日のEURO決勝は凄かったですね。
決勝も前半だけ何とか見ることができたんですが、スペインのテクニックにただただ驚嘆でした。
針の穴を通すように精確かつ鋭いパス、それを足元にピタッと止める技術、それでいて前進する流れは止めずにゴール前に切り込んでいく。
常にイタリアの先手先手をとってましたね。
とにかくプレーが精確で速い。
これにつきます。
まあ関連記事は次の機会に紹介するとして、今回は中国で起こったハイジャック事件についてのご紹介です。








和田ハイジャック事件詳細。暴徒が飛行機を爆破しようとし、ウイグル族の警官が叫び声を聞き取る
2012年07月02日 14:15
//news.ifeng.com/mainland/special/hetianjieji/content-3/detail_2012_07/02/15717225_0.shtml

ori_4ff13c2c4c4c9.jpg
 恐怖分子(註:テロ分子)劫持(註;ハイジャック)未遂したERJ-190旅客機

rdn_4fed735cc7f50.jpg
 ハイジャック犯が制圧された(写真はネットユーザーによってアップされた)

 「これは決して単純なハイジャック事件ではなく、これらの恐怖分子は飛行機を爆破し人を殺すという惨劇を起こそうとしていました。
6月29日に新疆和田で発生したハイジャックの陰謀について、この事件の処理担当である現場指揮官は6月30日に『環球時報』の取材を受けた際、斬釘截鉄(註:きっぱりとした、断固とした)として語った。
フライトGS7554の乗客とフライトアテンダントは我が身を顧みず、協力して6名の暴徒がテロ事件を起こす企みを粉砕したが、一部の海外メディアと敵対勢力はこの事件を「ウイグル族と漢族の闘争」、「中国当局はこの事件を利用してウイグル族を鎮圧するだろう」と言っている。
国内のネット上でも一部真偽不明な流言飛語が存在している。
『環球時報』の記者はこの二日間、フライトGS7554の乗客、事件現場の担当指揮官、新疆関係部門の担当者に深く取材を行い、新疆ウイグル自治区新聞辦公室発言人の侯漢敏は記者にこう語った。
テロ暴力を前にして、民族も職業もなく、我が身を顧みず皆で抵抗したことがテロ勢力を寄せ付ける隙を与えなかったのでしょう。この度の偶発的事件は新疆の建設発展という大局の根本の所在に影響することはありません。

・暴徒を制圧した警察の中にはウイグル族も漢族もいる

 「ハイジャックだ!
 6月29日、新疆和田から烏魯木斉に向かう天津航空公司のフライトGS7554が離陸からわずか6分後、頭等艙(註:ファーストクラス)の乗客である劉会軍のこの叫び声が機内の静けさを破った。
劉会軍の座席はコックピットへの扉に隣接していた。
当時エコノミークラスの第6から第8列に座っていた3名の乗客は突然立ち上がり、そのうちの一人の「残疾人(註:障碍者)」は手の中にあった金属ステッキを何度かねじり、仲間や機内真ん中に座っていたほかの3人に私、彼らは少数民族の言語で何かを叫び、そのままコックピットへと突入した。
彼らは金属の棒でコックピットへの扉をこじ開けようとしていました。
この事件を担当したある指揮官は6月30日に『環球時報』の取材を受けた際にこう語った。
事件は突然起こったため、機内の乗務員や警察、乗客たちはみな反応することができませんでした。そのため劉会軍のこの叫び声はみなをすぐに我に返らせ、本当にお手柄でした。彼は続けて暴徒の手にある爆発物を叩き落としました。
しかし、劉会軍もこれにより暴徒たちの襲撃に遭い、頭部に重傷を負った。

 暴徒たちはコックピットの扉を開けることができないと、すぐに金属の棒を振り回し機内の乗客や設備を叩きまくりながら、「遥控器(註:リモコン)」らしきものを取り出し、そして機内中程にいた仲間はマッチやライターを持ってやって来た!
このとき、我に返った私服警官と一部乗客は前に進み出て暴徒と格闘した。
格闘は非常に激しく機内の棚もみんな壊れました!
最も早く微博(註:中国版ツイッター)に飛行機がハイジャックされたことをつぶやいたネットユーザー「駱駝」は『環球時報』の取材を受けた際、彼の親友であり、フライトで抵抗に奮戦したある乗客の手に汗握るいきさつを代弁した。
私の20年来の親友は、これまで喧嘩もしたことがなかったけど、今回はやりました。なぜなら当時の彼の考えはつまり、言うとおりにしたらみんな死ぬ、一所懸命抵抗したらまだ生き残れるかもしれないということでした!

 「機内の警察や乗務員、乗客のほかに、公務のため烏魯木斉に出張する洛浦県の4名の警察と和田の2名の警察も暴徒制圧に大きな働きをしました。
現場の担当指揮官は記者に語るには、この6名の警察のうち、一人二人が漢族であるのを除き、その他すべてはウイグル族の警察だったという。
この指揮官はさらに詳細を述べ、即ちこれらウイグル族の警察が暴徒たちの叫び声に現れた意図を聞き取り、このことがテロ容疑者の制圧に重要な働きをした。

・「暴徒は飛行機を爆破し人を殺すという惨劇を起こそうとしていた」

 ハイジャック事件発生後、和田の公安機関は初動操作を経て6月29日夜に早くも6名のハイジャック犯の素性を公表した。
現場担当の指揮官は『環球時報』に、この6名の暴徒はそれぞれ喀什地区の巴楚や莎車、叶城の人間で、年齢は最年少で1992年生まれの者、最年長で1976年の者がいることを明らかにした。
 
 「彼らは飛行機を爆破し人を殺すという惨劇を起こそうとしており、飛行機をどこかへ向かわせようとするものではありません。
この現場指揮官は記者に語った。
彼らのうちの一人は障害者を装っており、そのため杖は安全検査を通過したのです。
6名の暴徒がこの度飛行機機内に持ち込んだのは「一本の杖」だけでなく、事件に遭遇した乗客によると、暴徒たちは「雷管(註:発火具)」の類の物や引火物を持っていたという。
現場指揮官は記者に語った。
金属の杖のほか、犯人はほかにマッチ、ライター等も持っており、最も恐ろしかったのは6個の爆発物で、現在深く調査しているのは自動発火装置と手作りの爆発物です。
この指揮官は率直に語った。
幸運なことは、これらの爆発物は引火時間が比較的長く、乗客や公安保安員は反応が迅速で、一所懸命やってくれたおかげで、最悪の結果を引き起こさずにすんだのです。

 この6名の暴徒が飛行機爆破を企んでいたことを明らかにするものにはほかにも一つある事実がある。
それはつまり暴徒たちがコックピットに入ることができないことに気づき、爆発物に火をつけようとして失敗し周囲によって制圧されると、彼らはなんと自殺を図ろうとした。
しかし、新疆関係部門がすぐさまこの事件の第一報を発表すると、一部の海外メディアは「ハイジャックに遭った場合、国際通行規則では抵抗してはならない」と言い、甚だしくはこのことによりこの事件の信憑性を疑ったりもした。
このことに対して、この指揮官はこう語った。
このような心無く狂った暴徒に対して、ほかに選択肢があったでしょうか?このような特殊な情况を考慮すると、ハイジャック処理の国際的対応措置は適用できません。
実際、恐怖分子は新疆でこれまで何度も航空機を爆破、襲撃する陰謀を企ててきた。
2008年3月、ある犯人は「爆破破壊装置」を機内に持ち込み、乗客と乗務員に発見された。
2011年新疆で初めて開催されたユーラシア博覧会の前には、新疆は破壊的ツールを機内に持ち込もうとした事件を処理した。

 当然、犯人たちの「杖」や爆発物、マッチ、ライターはどのように機内に持ち込まれたかということについてはは、航空安全管理部門にとって調査を行なっている最中の厳しい問題である。
調査は行なっている最中で、職務上のミスがあったのかほかの原因があったのか、まだ結論が出ていません。
ある関係部門の責任者は取材を受けた際に正直に認めた。
このほか、この6名のテロ容疑者の背景や黒幕についても調査中である。

・雑音は真相を覆い隠せない

 「我々が真相を公開する速度は、ソーシャルネットワーキング時代の無責任や用心する必要のない雑音と競争しなければなりません。
政府の公式情報を発表する任を負う侯漢敏は無論のこと、現場の処理責任者である強力な機構職員も、みな記者に感慨を述べ、このような反テロ闘争に勝利するには、迅速にテロ容疑者を制圧するだけでなく、できるだけ早く真相を公表する必要があり、公表が早いほど、詳細であるほど、雑音は小さくなるということだ。

 まるで以前起こった中国に関連するテロ事件と同じように、一部の海外メディアは往々にして一方的にこれらの行動をとった外国勢力への支持を強調する主張をした。
法新社(註:AFP通信)は6月30日、「世維会(註:世界ウイグル会議)」スポークスマンの話を紹介した。
ウイグル人はハイジャック事件はデマだと見ている。
この前日、この人物はアメリカの放送会社の取材を受けた際にもこう語っている。
これはフライト上の漢族とウイグル族の乗客の座席争いが殴り合いに発展したものだ。
『印度斯坦時報』も「世維会」の話を紹介。
事件の発生は7·5事件三周年の『敏感な日』の前であるため、和田地区の『雰囲気は緊張』していた。中国当局はこの事件を利用して現地人に対して鎮圧を行おうとしている。
これらの声は、ひどくは国内ネット上でも一部真相不明な噂やデマを生むほどになっている。

 現代国際関係研究院反恐問題専門家の李偉は7月1日、『環球時報』に、ハイジャック事件に遭遇した場合抵抗するべきかどうか、現在国際的にはまだ統一規定はないと述べた。
「9·11」事件以前、各国航空安全条例の規定では、もし暴力的ハイジャック事件に遭遇した場合、乗務員はできる限り抵抗してはならず、それによって飛行機破壊による死亡事件を避けるとしている。
しかし「9·11」事件後、恐怖分子によるハイジャックそのものはそうした惨劇を起こすため、ひどくはハイジャックした飛行機を武器にし、より多くの人を殺傷しようとするものだ。
このため多くの国は航空安全条例を改正し、機内に警察がおらず、暴力的ハイジャックに遭遇した場合、機会をさぐりハイジャック犯を制圧してもよいとした。
事実、「9·11」事件後、多くのハイジャック未遂事件はみな乗務員や警察、機内の人によって暴力分子は制圧されている。

 李偉は、「世維会」はハイジャックではなく普通の殴り合いだと言っているが、これは見聞きしたことを混同していると語った。
犯罪分子は機内で爆発物に点火しようとしており、これは明らかにテロ行為である。
飛行機は脆弱なものであり、それに対して危害を与える行為はいかなるものでも刑事犯罪活動とされる。
これらの犯人は明らかな意図を有して団体で行なっており、完全にテロ事件と断定でき、彼らの目的は恐慌を作り出すこともしくはより大きな影響を与えることである。

・新疆の発展という大勢には影響し得ない

 「事件に関連するフライトを除いて、和田から飛び立つフライトはその日からもう正常運行でしたよ!
和田空港のタクシー運転手である田さんは『環球時報』の記者にこう語った。
事件が発生したときは緊張しましたが、早くも運行が再開し、GS7554の後のフライトも正常に離陸してます。
本紙記者が当日、北京首都空港から新疆に乗ったフライトも正常に飛び、ネット上で噂されていた「事件発生後、北京上空は交通管制が敷かれている」ということは決してなかった。
我々は自身の安全防止について心得ています。
現場処理の指揮官は記者にこう語った。
私自身、次のフライトで和田から烏魯木斉に帰ります。

 事件発生後、記者が宿泊する烏魯木斉酒店に出入りする多くの外国人観光客は明らかに平静であり、この事件は彼らの旅行に何の影響も与えていない。
烏魯木斉のある旅行機関の従業員は『環球時報』の記者にこう語った。
ここ二年と比べると、今は国内や国外の観光客を問わず、彼らの様子はみなとても穏やかであり、偶発的事件により恐怖心を覚えることはないでしょうし、新疆への旅行に悪影響を与えることはないと信じています。
『環球時報』の二人の女性記者はここ数日南疆で「瑪納斯」旅游文化節を取材した。
二人は初めて新疆を訪れており、現地人の付き添いはないという情况下で、喀什のウイグル族同胞の家でお世話になり、それからまたお互いをよく知らないウイグル族の青年と一緒に車に乗り巴仁郷で取材を行ったのだが、彼女たちはこう語っている。
私たちはずっと落ち着けています。

 当然、民衆の安心感の源は自治区の「平安」に対する細緻で有効な建設にある。
自治区綜治辦副主任の張春学は、全区各地で適時「三股勢力(註:テロリズム、国家分裂主義者、宗教原理主義者)」や違法宗教活動から重点要害地点を防備することを重点とする「二つの排査(註:一斉捜査)」活動を組織展開し、多くの人々が関心を寄せる熱く難しい問題を解決し、根本から様々な事件、事故の発生となる芽をつみとることを述べている。
少し前より、新疆各地各部門は全ての治安が混乱している地区と治安問題が突出しているところを一斉捜査を行い、全区の絶対多数の地域で刑事事件の発生率は異なる程度で下降しており、事件発生率がふた桁も下降した県や市も少なくない。
堅実に基層となる安全を生み出す活動は展開され、、小安を積み大安と成し、全新疆の平安建設が深く発展する有利な因素となっている。




以下、この記事に対する中国人の反応。



weena
テロ分子には甘い顔をしてはならない
もし同じようなことが西洋で起こったら、彼らは話で解決しようとはしないだろうね
推薦 [6472]

guaix
外国輿論に対しては、ただ彼らのメディアを見るのはやめて、彼ら一般大衆の反応を見るべきだ。
実際、この事件では、大部分の欧米の人々はみなテロ行為だと見ていると言っていい。
イスラムテロ主義に関連したとき、欧米民衆は意外なほどにとても客観的だった。
西洋メディアの話は政治の需要によるものであり、中国の民族対立を挑発するのが彼らの目的だ。
推薦 [4682]

myl7777
これらテロ分子は銃殺しなければならない、どんな民族であれ!
推薦 [3098]

小翔小翔
9.11の悲劇、一部の原因は乗務員にある
乗客は抵抗しなかった
推薦 [2519]

coby818
悪い奴よ、民族を分断するな
そうじゃない人も民族を強調するな!
私は先月、武漢空港であるウイグル族の兄弟に緊急の文書を烏魯木斉まで持っていってくれるようお願いしたけど、その見返りは決して受け取ろうとしなかった!
みんなこの小さな地球に生きる兄弟なんだから、対立なんてするなよ!
推薦 [2408]

楓葉8818
積極的にテロに立ち向かった同志に敬礼!
あなた方の果敢さは、全国人民がこれからは同じように行動することだろう
みんなどのようにすればいいかわかったからね。
推薦 [2261]

古道野狼
ラビアを頭とするこいつら人間性のない交雑種は、遠く離れたところにいるのに、なぜすぐに和田空港で起こったことを知っていたんだ?
これは国内外のテロ組織によるテロ未遂事件であることは非常に明らかなことだ!
来ないの人々の死をも覚悟した格闘に感謝する、そうでなければどれほど大ごとになっていたか知れない!
中国の飛行機に恐怖分子がいるなら、どんなことをしてでもそいつらを消し去らなければならず、そいつらの陰謀を実現させてはならない
誰が何をしようともだ!
推薦 [2014]

DINGYANG20040229
措置は果断に、殺しても許しはするな。
推薦 [1028]

hnqygyt
我々はこのようにやり、勝利したんだ。
国外メディアがなんと言おうともね!
推薦 [937]

liwhnm
今回のことから安全検査の疎漏さがひどいことがわかった!
いい加減な安全検査を厳しく取り締まれ!
推薦 [916]

funman1984
ハイジャックに遭遇した場合、国際通行規則では抵抗しないというのは狂ってるよ
推薦 [824]

jshannan
テロ分子は厳しく叩きのめせ!
推薦 [771]

legeyoushang
死刑だ
推薦 [392]













中国の発展につれて世界からの注目度も増し、特に欧米メディアからの厳しい批判的視線にさらされることも多くなってきました。
そのことに中国人民が反感を覚えることもしばしばあるようです。
まあ日本もかつて経験したように、いわれのないようなことでも叩かれたりすることもあるようですが、こと人権に関してはやはり欧米メディアのほうが正しいと私は感じますね。
中国人に言わせれば、そんなこと言われなくてもわかってる、自分たちでどうにかするからいらんお節介だ、ということになるんでしょうが。
実際のところ、昔から状況は大してかわってないわけで、今なお迫害を受けている人たちもいます。
中国政府は日本、アメリカよりも中国人民を恐れていますから、歪になるのは当然と言えば当然。
なぜ人民を恐るのか。
共産主義が崩壊するのが嫌なのか、既得権益が壊れるのが嫌なのか。
まあどれもでしょう。
大政奉還というのはとんでもないことだったんだなあと改めて思います。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村

ザ・ハイジャック―日本赤軍とのわが「七年戦争」ザ・ハイジャック―日本赤軍とのわが「七年戦争」
(2010/11)
佐々 淳行

商品詳細を見る


フランス特殊部隊GIGN ~エールフランス8969便ハイジャック事件~ [DVD]フランス特殊部隊GIGN ~エールフランス8969便ハイジャック事件~ [DVD]
(2012/04/06)
ヴァンサン・エルバズ、グレゴリ・デランジェール 他

商品詳細を見る


ハイジャックとの戦い―安全運航をめざして (交通ブックス)ハイジャックとの戦い―安全運航をめざして (交通ブックス)
(2006/06)
稲坂 硬一

商品詳細を見る

banner.gif


アフィリエイト・SEO対策




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

miu

Author:miu
ご意見、ご感想、ご要望をお持ちしております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
あなたのクリックが私の血肉に↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
月別アーカイブ
これまでのお客様
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
421位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外
36位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
Amazon人気書籍
Twitter
FCライブ
Amazon特別プロモ
漫画、アニメのニューリリース
調味料のベストセラー
台所家電のニューリリース
フィットネスのニューリリース
サッカーのニューリリース
電子辞書
ちょっとした中国語学習に
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。