スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国報道:秦の始皇帝陵から高さ2.5mの「秦の巨人」が出土、姚明と比べられるほど

以前、西安に行ったことがあります。
北京から長距離列車で9時間くらいだったかな。
座席は軟座だったので、特に不快な思いはせず。
硬座だと時によっては身動きがとれないほど人が乗ってきますから、日本の感覚でいるとストレスが溜まりまくりになるのでご注意を。
座っている自分の膝の上に座って寝ようとする人もいました。
女性が。
対面座席の間に入り込んでうずくまって寝たり。
下手にトイレにも行けない、夜通しでおしゃべりは続く、カップラーメンの臭いが充満…。
一度体験してみるのも面白いかもしれませんが、快適な旅行を希望される方は硬座はよしたほうがいいと思います。
特に夜行長距離は。
せめて軟座ですね。
こっちは打って変わって人影もまばらだったりします。
さて、そんな西安旅行では勿論兵馬俑をこの目にしました。
あれはなかなかの見ごたえがあります。
自信を持っておススメできます。
それに西安という街は、恐らく日本人が心に抱く「中国」のイメージに一番近いんじゃないかと感じました。
街の雰囲気というか感じが、北京よりも上海よりもどこよりも自分の心を熱くさせたことを覚えています。
ただ単に歴史好きなだけかもしれませんが。
春節を少し過ぎた頃に行ったんですが、大きな灯籠を空に飛ばしたりしててとても幻想的でしたね。
できればもう一度行きたい街です。
さて、そんなわけで今回は兵馬俑に関する記事をご紹介。
何でも巨人が出土したとか。







秦の始皇帝陵から高さ2.5mの「秦の巨人」が出土、姚明と比べられるほど
2012年06月11日 09:14
//culture.ifeng.com/whrd/detail_2012_06/11/15198311_0.shtml

ori_4fd545cc348c0.jpg

ori_4fd545ccb3fad.jpg
 考古学者が秦始皇兵馬俑一号坑内で発掘整理修復作業を行う。

 「秦人の身長は現代人よりも高かった?
9日、秦始皇帝陵陪葬坑の一つである百戯俑坑から「秦巨人」が出土したという報道が熱い議論を起こしている。
秦人は一体どれほど背が高かったのか?
このため、記者は「秦俑之父」である、秦始皇兵馬俑博物館名誉館長の袁仲一に取材を行なった。

彪形大漢(註:雲を突くような巨漢)の項羽でも1.9m

 百戯俑坑で発掘されたもののうち、最も注目されているのが、とても大きくて高い無頭陶俑(註:頭部のない陶製の像)で、専門家の測量によると、無頭陶俑は頭部がなくても身長は2.2mに達しており、もし頭部を加えれば、2.5mはあり、姚明と比べても高く、そのため「秦巨人」と呼ばれている。
そして兵馬俑を参観するとき、陶俑の一つ一つが高く大きく力強く、現代人よりも高いと感じる人も少なくない。

 これは一体どういうことなのか、この度発見された秦人は一般的にどれほどの背の高さだったのだろうか?
袁仲一の紹介によると、兵馬俑の発掘研究で、彼らは兵馬俑は最低で1.75m、最高で2mの高さをもつことがわかったという。
今回百戯俑坑で出土した「秦巨人」は人々を頗る驚かせたが、これは当時の人の身長を代表しているわけでは決してない。
秦墓で発掘発見された秦人が明らかにするところによると、秦人の身長は一般的に1.7mほどで、現在の人々が言うほどに決して高くはない。

 袁仲一は例を挙げて、西楚霸王項羽は当時の彪形大漢と見られており、身長は八尺以上に達し、漢書の記載では八尺二寸であると語った。
秦代の一尺は現在の23cmほどに相当するため、西楚霸王の身長は1.9m近くで、すで当時の大柄な体格の代表であり、当時の人の身長が決して今よりも高くはなかったということが見て取れる。

 それでは、兵馬俑坑で出土したはなぜかなり大きいのだろうか?
袁仲一が解説するに、二つの理由があるかもしれないとのことで、一つは秦代は冷兵器(註:火力を使わない兵器)時代に属し、戦うにも近接格闘しなければならず、兵士は自然と背が高く、体の強い者が選ばれたからだ。
もう一つは芸術における視覚差で、実物の人と同じ大きさの效果を得たければ、彫塑作品は必ず実物よりも少し大きめに作る必要があり、このことも当時の工匠たちは彫塑の芸術ルールを熟知していたのだと現代人を少なからず感慨させる。

・現代のを製造する技術は秦代に及ばない

 兵馬俑の発見は世界を震撼させたため、兵馬俑を複製する多くの会社が出現したが、複製された兵馬俑は本物の兵馬俑と比べて、レベルはどうだろうか?
袁仲一は、現在製作されている兵馬俑は、製作技術レベルが秦の兵馬俑のレベルに達しないと語った。

 袁仲一が語るに、秦の千人千面、型は用いず彫り、一つ一つ焼きあげた彫塑であり、兵馬俑は巨大であるが、当時絶対多数は全て焼き上げたものであり、ただ個別に頭部が体と分けて焼かれたものである。
現在兵馬俑を模倣して作られたものが多くあるが、陶俑が焼かれることによる変形を防止し、炸裂を防止するため、ある者は分段焼のやり方を採用し、一つの体をいくつかに分け、焼いた後にくっつけるが、焼き上がった陶俑には接着痕があることがあり、本物のと美を競うことはできない。
焼成技術において、現代人はまだその方法を把握することはできず、容易に変形してしまう。

・工匠は最も隠れたところに名を残す

 一体誰が兵馬俑を製作したのだろうか?
考古学の専門家は陶俑の表面に80以上の工匠の名前を発見したが、これらの名前は一般的にみな最も隠れたところにあり、一般的に簡単には見つけられない、例えば腋の下、臀部等の隠れたところである。

 これらの工匠はどこからやってきたものだろうか?
袁仲一の紹介によると、姓名の前にある「宮」は中央宮廷由来であることを表しており、例えば宮墙、宮得、宮進む、宮朝、宮頗、宮長、宮海等の名前も少なくない。
このほか、一部は全国各地から選抜された能工巧匠である。
これら能工巧匠は各人が各人のスタイルを持っていたため、創作された兵馬俑も千人千面で、見慣れると、どれが巨匠のスタイルであるかが分かる。














ちなみに西安旅行ではユースホステルを利用したんですが、そこの雰囲気が凄くいいんですよね。
確か「湘子門」とかいう西安の南門近くにある場所だったような。
内装が中国には珍しく木造で凄く温もりがあって、軽食も摂れるし夜はちょっとしたバーで飲むこともできる。
私が泊まったときはほとんどが西洋人でしたね。
そのせいか設備に関しては不満を感じた覚えがありません。
フロントでは兵馬俑観光ツアーの申し込みなんかもできるし、ガイドに日本語が少しできる人もいたり。
あと、食に関してですが、西安はスープ餃子が有名で、実際に食しましたが美味しいです。
日本人の安心する味。
イスラム寺院の周りには清真料理のお店もたくさんありますので、それを楽しむのもいいですね。
まあほかにもいろいろありますが、ここで全部言ってもしょうがないので。
機会があればぜひ行ってみてはどうでしょうか。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村

秦始皇帝兵馬俑/西安碑林/鄭和 [絲綢之路シルクロード2] [DVD]秦始皇帝兵馬俑/西安碑林/鄭和 [絲綢之路シルクロード2] [DVD]
(2007/04/01)
不明

商品詳細を見る


NHKスペシャル 新シルクロード 特別版 第10集 西安 永遠の都 [DVD]NHKスペシャル 新シルクロード 特別版 第10集 西安 永遠の都 [DVD]
(2006/02/24)
教養

商品詳細を見る


般若心経・金剛般若経 (岩波文庫)般若心経・金剛般若経 (岩波文庫)
(1960/07/25)
不明

商品詳細を見る

banner.gif


アフィリエイト・SEO対策




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

miu

Author:miu
ご意見、ご感想、ご要望をお持ちしております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
あなたのクリックが私の血肉に↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
月別アーカイブ
これまでのお客様
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
378位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外
34位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
Amazon人気書籍
Twitter
FCライブ
Amazon特別プロモ
漫画、アニメのニューリリース
調味料のベストセラー
台所家電のニューリリース
フィットネスのニューリリース
サッカーのニューリリース
電子辞書
ちょっとした中国語学習に
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。