FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国報道:学校で同性愛グループは攻撃を多く受けている。中国人はなぜ「同性愛者を恐れる」のか

最近の日本のテレビ業界では所謂オネエ系が百花繚乱状態ですが、中国ではあまり見かけません。
勿論、いるにはいます。
昔の皇帝にだって美少年好きはいましたから。
ただやはり日本とは違って、まだ市民権は得られてないみたいですね。
中国ではニューハーフのことを「人妖」なんて言葉で表していますから、どういう認識かお分かりかと思います。
でもそういう認識も時代によって変化するもの。
というわけで今回はそんな同性愛を取り上げた記事をご紹介。








学校で同性愛グループは攻撃を多く受けている。中国人はなぜ「同性愛者を恐れる」のか
2012年05月28日 09:42
//fashion.ifeng.com/emotion/topic/detail_2012_05/28/14857530_0.shtml

きのう何食べた?(1) (モーニングKC)


・学校で同性恋(註:同性愛)グループは攻撃を多く受けている
 反対に、今私は太陽の下で生きていますよ。私の面の皮はもう城壁よりも厚くなりましたから、ハハ……
取材録音の中の彼女の笑い声は、少し自由でさっぱりとしたものだが、無奈(註:やるせなさ)と苦渋も漂わせている。
于小胖、女、24歳、大学卒業、間もなく大学院を受験。
見たところ順調な人生は実野ところ決して平穏ではなく、それはなぜなら彼女はまた別の身分を持っていたから、彼女は同性恋者(註:同性愛者)なのだ。
彼女の言い方に照らすと、「出柜(註:カミングアウト)」のその日から、生活は再び平穏に戻ることはなく、その時の彼女はまだ15歳で、高校生だった。
わが国では、于小胖のような子どもはほかにも多くいる。
今年4月、ある民間組織によって発起された調査結果が明らかにしたところによると、77%の受訪者(註:アンケートなどの回答者、取材対象者)性取向(註:sexual orientation、性指向)が異なるためにかつて学校で身体的攻撃を受けたことがあるという。
そして社会では「同性愛」に関する話題はいつも論議を引き起こす。
学校内の同性愛グループは、正に青春期にあり、彼らの生活環境は一体どうなっているのだろうか?
学校、家庭、社会は彼らに対してどのような態度をとっているのか?
彼らはまたどのように受け止めているのか?

・同性愛は鄙視(註:蔑視)に遭い、家暴(註:家庭内暴力)常飯(註:日常茶飯事)
于小胖:「あの頃は一週間に何度も殴られた
彼女はある伝統的な教師家庭に育ち、母方の祖母も祖父も彼女が所属している重点高校で徳高望重(註:徳が高く人望がある)老教師である。
ある日、祖母が彼女と女友達の親密な手紙を発見し、そのことをこっそりと母に教えた。
于小胖の母も教育に携わる仕事をしていて、当時、彼女の目には、娘はただ幼く、ふざけているだけで、そうじゃなければ彼女の女友達(小胖より5歳年上)に悪影響を受けたのだと映った。
それから、小胖と彼女の女友達が交際した四年間には、家庭内暴力が日常茶飯事となり、彼女は語った。
私の母は一週間に何度も私を殴って、手元にある物を取り上げては叩きました。私の頭には一つ傷跡がありますが、それは母がスタンドで殴ったものです。
彼女は家族と心穏やかに意思疎通しようとも思ったが、成功せず、より小胖を崩壊させたのは、ある日、母が彼女を精神病院へ連れて行き心理カウンセラーに診察させたことだ。
その先生は母の同僚で、彼女は同性愛は病気だと言い、私に薬を出したんです。それでもし長期的に服用すれば私の性指向を変えることができると言いました。
結局、彼女の懸命な反抗が自身を所謂「同性愛治療」から抜け出させた。
その後、小胖はずっと学校と家庭の二重の監視の下で生活をし、学校でも噂が立った。
教師たちは彼女を好ましくは思わず、同級生たちもいつも議論紛紛(註:意見が統一できず議論が沸騰した。議論がかまびすしい)
彼らは私がいつも女子学生と何か怪しいことをしていると言いました。実際のところ私たちは普通の友人で、母のところまで伝わると、私はすぐに叩かれることになります……
小胖の話にはやるせなさが満ちていた。
高考(註:大学入試)の数日前、母は私がまだ女友達と連絡をとっていることを知り、包丁を持って私に迫りました。つかみ合いの中で、包丁は私の左人差し指を切り、小動脈が切れ、傷が残りました。
この騒動は彼女の最初の高考に影響し、後に彼女は復読(註:浪人)を決心し、粘り強さに頼って、暗黒の高校生活を送りました。
大学では、彼女が学んだのは芸術で、同級生たちの思想はとても開放的なもので、彼女はカミングアウトすることを選ぶと、同級生たちもみな受け入れてくれ、生活はゆっくりと良くなっていったが、しかし、あの頃のどんよりとした青春が彼女の心に残した痛みはずっとぬぐい去れないでいる。
変態人妖娘娘腔(註:女性的な男性)中性人半男半女、こうした言葉は私が小学生から高一の頃まで言われてきました。今は思い出しても何の感情もありません。
記者に自身の経歴を語り始めたとき、氷結した顔には少しの表情もなく、ただずっと背後にある心酸を聞くことができた。
一度、学校が合唱コンテストを開いたとき、音楽の授業前に皆が並んで練習をしていて、私が台に上り指示を出そうとすると、誰も私に取り合わず、それから先生が班の男女の人数を数えると、ある男子が大声でこう叫びました。『私たちの班には22.5人の男子と、22.5人の女子がいます』全班の人が大笑いしました。私が当時どれだけ傷ついたか、私は隠れて一授業泣き、それから一授業サボって、グラウンドまで走っていき大いに泣きました。それから、私はもう集団にはとけ込むことはやめようと決意しました。私はただ自分の好きな暮らしを送りたいだけなんです、とても疲れました。同級生たちのいじめは昇級してからも続いて、私はもうどうにもならなくなりました。

・猫猫:私は「暗い所」でしか生きられない
猫猫は男の同性愛者で、体型は少し太め、黒縁のメガネをかけ、見たところ上品であり、彼の言葉を借りれば、彼は「悶騒(註:外見はきちんとしておとなしく見えながら、内面は激情と渇望にあふれていること)」な人だという。
15歳のその年、猫猫がネットをしているとき偶然BL(boy’s love、男同士の愛)の漫画を見て、自身がそれについて少しも反感がないことに気づき、それからゆっくりとその範囲に進んで行ったのだが、しかし彼は身近な人に彼の「秘密」を知らせたことはない。
しかし、悪意ある言葉の攻撃、嫌味のある目線は過去数ヶ月のうちに猫猫を包囲した。
彼は大学一年生で、今年2月、彼は同性愛の内容の微博(註:中国版ツイッター)を送ったのだが、そのために彼の「秘密」はルームメイトに気づかれ、それまでとても打ち解け合っていた宿舎の雰囲気がピリピリとし始めた。
私は臆病で軟弱な男です。一度、ある僚友が私のそばを通り過ぎる時、何の因縁もなく私を殴り蹴ったんです。殴りながら罵って、でも私は反抗しませんでした。私はその時の情景が忘れられません。毎日恐怖の中で生活していて、いつも眠れず、カミングアウトなんてしようとも思いません。
猫猫は、それ以降、ルームメイトたちは彼をないがしろにし、彼を「隠形人(註:透明人間)」のように見なしたと言った。
一度、宿舍管理員が人数を登記することがあり、私たちの寝室は本来7人いるんですが、彼らは6人だと言ったんです。より考えづらいことは、彼らはなんと私が彼らを好きになることを恐れていたんです。
猫猫は、彼がいる学校は『心理健康課』を開いていると語った。
教師はみなに『愛情の基礎は双方が必ず男女もしくは異性であること』と教え、同性間の感情は愛情ではないと暗示しているんです。
教師の話は彼をより自身の同性愛傾向が彼と同級生たちとの距離を開かせると確信させ、それは彼にこれまでにないほどの孤独と無力感を与えた。
私はますます学校が好きじゃなくなり、同級生に会うのも嫌になりました。私が最も期待しているのは週末で、それなら同性愛センターに遊びに行けるし、私が学校で感じている悩みをぶちまけることができるんです。

・専門家が解説:「同性愛者を恐れる」ことは全て不理解にある
関連資料が明らかにしていることは、「恐同(註:同性愛者を恐れること)」は性傾向と性別に基づくいじめをもたらす重要な原因であるということだ。
アメリカの同性愛研究専門家Damien Lu博士は、性別に対する刻板印象(註:ステレオタイプ)が「恐同」を産む重要な原因であると述べている。
中国の伝統文化は常常男性と女性の間には天経地義(註:当然の摂理)の違いがあると宣揚しており、そのため多くの人がこうした人生を超越した態度または行為を受け入れられない。
多くの人は同性愛者に反対で、僅かに「社会規範」に適合しないというだけで、それは個人の思考上の恐同に属する。
ある家庭で、もし子どもが同性愛者だったら、保護者は顔面掃地(註:面目丸つぶれ)思うだろうし、同時に中国人は「棍棒出孝子(註:体罰を与えてこそ親孝行の子供ができる)」を信奉しているため、大衆は長輩(註:年長者)が若輩に実施する「管教(註:しつけ)」式家庭内暴力に対して多くが黙認の態度をとり、彼らの生存環境の悪化を招いている。
このほか、社会学の角度から語ると、機構性恐同と内在する自我の恐同がまだ存在している。
例えば、前世紀50年代、我が国の関連司法解釈は同性愛は流氓罪であり、これは機構性恐同の一種である。
内在する自我の恐同とは、同性愛者が社会の偏見のために正しく自身を受け入れられないことを指し、また所謂「主流社会」の基準で自身を量ろうとし、軽くは異なる程度の劣等感を招き、重くは深刻な心理的問題を招くだろう。
今の我が国は、学校にしろ社会にしろ、同性愛に対する態度は多くが諱莫如深(註:事情を深く包み隠す)であり、そのため一部の青少年同性愛者は自身の性指向を正視できないでおり、長期的に恐怖と緊張の状態にある。
彼は、「恐同」は実のところ同性愛を理解していないから恐れているのだと考えている。
我が国の同性愛グループに対する科学研究は十分ではなく、同性愛に関わる知識普及の程度も不足していて、容易に大衆のそれに対する知識的空白を招く。
校内環境はまた特殊性があり、青春期の子どもたちの「性」に対する理解は比較的曖昧としており、「同性愛」に対してはより正確な認知はなく、加えて自身の精神が未だ成熟していないため、グループの中に同性愛者が一人出現したとき、彼らは猟奇または恐怖の心で彼に対応するだろう。
このほか、学校では、同性が行動を共にする機会は多く、同性愛に対して基礎認知が足りない人は同性愛者は全ての同性に抑えきれない恋愛感情と侵犯欲を持つと誤って考えるため、行動で同性愛者を遠ざけるのだ。

・中国版性少数群体の校内いじめ調査報告
5·17国際不再恐同日(註:IDAHO (International Day Against Homophobia))が訪れたとき、最初の中国版性少数群体の校内いじめ調査報告が出来上がった。
調査が明らかにしたところによると、77%の受訪者はかつて17類の性傾向と性別に基づく校内いじめに遭ったことがあり、甚だしくは暴力および性騒擾(註:セクハラ)も少なくなく、いじめを受けた学生の学業と心身は大きな影響を受けている。
2011年以来アメリカで起こった多くの同性愛青少年の自殺事件は、このグループが校内いじめを受けているという国際的関心を引き起こした。
今年のIDAHOの主題は即ち教育システムにおける恐同に関心を寄せることだが、過去中国のメディア、NGOと大衆はこの分野に対する関心がまだまだ十分ではない。
聯合国教科文組織中国項目辦公室職員の李紅艶は記者会見でこう語った。
幸いにも、中国の大学キャンパスでは、同性愛者の学生の権益を保護するため、一部の若い同性愛者の学生社会団体がグループを支持するためか既に路上にいる。




以下、この記事に対する中国人の反応



鳳凰網友
本来は何でもないことだ、あなたはあなたたちの同性愛人生を送ればいいし、私は私たちの異性人生を送る
あなたたちは大げさによく叫び、私たちと関わることにも絶えず宣伝をして、まるで私たちが受け入れるよう強制しているのと一緒、宣伝するほど私は反感を覚えてしまう
推薦 [463]

鳳凰網友
性指向は個人の自由、他人が口を挟む権利はない。
推薦 [295]

白眼球
元々変態行為だから、受け入れられない
推薦 [259]

woshichenyya
何が中国人は恐同だって、外国人は怖くないの?
そういう風に発展していったら、人類は自ら滅びてしまうんじゃないの
同性愛は本来心理的変態の一種の表現であり、我々が追究しなければならないのは原因で、ひたすら同意ではない!
作者自身に問題があるんじゃないか。。。
推薦 [145]

高老頭123
倫理に違反し、自然の規律に違反している!
蔑視を受けるのは自取其辱(註:自ら恥ずかしい状況を作る)
推薦 [150]

lxmtmd
本来が正常じゃないんで、かえって高らかに自分は正常だと言うんだ、それが流行だと
おかしくないか、恥ずかしくないか?
推薦 [116]

英雄浪人
お前らの心の病気はお前らのこと
まさかみんなおまえらに学べということじゃないだろう
ほっとけよ
自分に障碍があるのはお前らのことだ
人を害したら、殴らなければ
もしおまえんちの母ブタが同性愛だったら、子を産もうとはしないだろう
お前のオヤジはすぐにそいつらを殺すだろうね
生物の本能に違反してるから
推薦 [103]

gupiao381
同性愛者はみな死んじまえ!!!
ゴミだ!!!
推薦 [68]

tqm814476
結局のところ傷天害理(註:天理に背くこと)を何もしなければ、受け入れてやろうよ!
推薦 [63]

weibo_1329500841
なんで同性愛というこの問題を取り上げて討論しなければならないのか私は全くわからない。
同性愛の愛情は愛情、異性愛の愛情も愛情で、同性愛のQJ(註:不明)QJ、異性愛のQJもQJ、その性質には区別はない。
まさか純粋な愛情は間違いだってのか?
もし同性愛の愛情が愛情でないってんのなら愛情の本質を否定することで、それは異性愛の愛情も間違いってことになる。
それに多くの人が人倫を語っているけど、本当の人倫とは何だ?
人倫は人が定めたもの、ある時期においては人を食べたいと思ってもいいけど、現在は人を食べたいと言ったらダメだ。
なら結局何が人倫なんだろう、誰が正しい定義を決めるんだろう。
それにメディアがそのように勝手に宣揚するのはどういう意味があるんだ。
同性愛賛成者と反対者を喧嘩させて面白いのかね。
愛情は本来双方が望むことだ、メディアとは何の関係もない。
推薦 [47]

nrtiy
恐同じゃなくて、非常に気分が悪いだけ
推薦 [51]

yanzhiwen4958
理由は簡単、人倫に違反しているから!
推薦 [40]

赤脚郎中
非難されるべきで、変態と言うべきだ
推薦 [38]

用支大狼
逆天理、反人倫の行為、こいつらの性指向はものすごく困惑させられる、とにかく不可思議だ
男性として、そうした男の同性愛者はより気持ち悪い上に気持ち悪い、吐き気が止まらない
頭に思い浮かべるだけでも罪だ
けど彼らを罵ることはできない、なぜならそれは特別だから
社会は暗い隅っこに少しのスペースは与えてやるべきだ、でも絶対に光を当ててはならない
街を闊歩し、風俗を乱し、多くの青少年を誤った方向に導かせてはならない
推薦 [31]

大洋之主
同性愛者は心理カウンセラーに見てもらえるか提議する
心理カウンセラーが医学の角度から助けたり治療できるかどうか
推薦 [24]

Lxz時間時間
私が言いたいのは、人と人の間には理解しなければならない最も基本的な相互の尊重があるということ
あなたが見たくないなら、無視すればいい
他人もあなたを尊重するだろう、いつもそこで誰が変態だとか、誰が気持ち悪いだとか言わなければ
推薦 [23]














やはりまだ厳しい見方が多いみたいですね。
一昔前の日本というところでしょうか。
中国に住むマイノリティーの皆さん、ご苦労様です。
受難はまだ続きそうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村

Heart to Heart(初回生産限定盤)(DVD付)Heart to Heart(初回生産限定盤)(DVD付)
(2011/07/27)
槇原敬之

商品詳細を見る


同性愛の謎―なぜクラスに一人いるのか (文春新書)同性愛の謎―なぜクラスに一人いるのか (文春新書)
(2012/01)
竹内 久美子

商品詳細を見る


片想い (文春文庫)片想い (文春文庫)
(2004/08/04)
東野 圭吾

商品詳細を見る


banner.gif


アフィリエイト・SEO対策




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

miu

Author:miu
ご意見、ご感想、ご要望をお持ちしております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
あなたのクリックが私の血肉に↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
月別アーカイブ
これまでのお客様
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
470位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外
38位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
Amazon人気書籍
Twitter
FCライブ
Amazon特別プロモ
漫画、アニメのニューリリース
調味料のベストセラー
台所家電のニューリリース
フィットネスのニューリリース
サッカーのニューリリース
電子辞書
ちょっとした中国語学習に
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。